読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクブログはじめました。

漫画アニメラノベの感想を書いていく。プロっぽいレビューをしたいと日々思っている。基本ネタバレはしないのでご安心ください。

最強のアニメ録画&視聴環境を考える

その他

基本的にはこのページではデスクトップPC、ディスプレイを持っていないという前提で話を進めていきます。テレビを持っている or これから買うと言う人向けです。

テレビ番組を録画すると考えて、まず思い浮かぶのがブルーレイレコーダーだろう。最近のテレビだと録画機能が付いているものも多いのでそちらも考えてみる。だが、多少のPCについての知識があればチューナーを接続してPCで録画をするという手もある。それぞれについて議論してみよう。

テレビ付属機能

メリット

  • 安く済む。外付けHDDを買うだけで済むので一番お手軽である。

デメリット

  • 機能が少ない。そのメーカーの出しているブルーレイレコーダーと比べると当然そうとう機能が少なくなっている。レスポンスが遅かったり、UIが微妙だったり、ジャンル別録画などの機能が無かったり。
  • 1番組録画だけ。基本1番組録画だけとなる。それで十分な人は気にする必要はない。裏番組録画にはほとんど対応しているので問題はないだろう。
  • 当然だがBDが見られない。ブルーレイプレイヤーを買うくらいだったら中古のブルーレイレコーダーを買うほうがいいと思う。だが、BDを見る時だけBDを再生できるPCと接続するという手もある。

基本的に簡易な機能なので、今持っている(買おうとしている)テレビの録画機能で満足しているならそれでいいでしょう。番組名検索に対応していないとフジテレビなどの放送時間がよく変わるテレビ番組の録画には失敗することになる。データを貯めこむことを想定していないので、外付けHDDの登録可能数にも制限があるし、BDに書き込むことができない。見て消すならそれで良し。

ブルーレイレコーダー

メリット

  • 手軽。特別な知識が何もいらず、壊れたらサポートへ送るだけ。
  • 操作が簡単。リモコンで完結できる。一時停止も手元のリモコンで簡単。
  • 機能がデフォルトで充実している。CMカットなど、チャプター機能があるのは嬉しい。追いかけ再生も標準装備。
  • 安定性。そうそう壊れないはず。

デメリット

  • HDDの容量が少ない。少なくていいという人はそもそもこんなページ見に来ない。
  • メーカーによる制約が大きい。外付けHDDを追加したとしても別機種では使えなかったり。 バックアップは基本BD限定となる。

なんだかんだ一番簡単で便利なのがブルーレイレコーダー。特に多くを求めないのならば、迷わずブルーレイレコーダーにしておくのが吉となる。ブルーレイレコーダーにするとなると気になるのがデータの保存だ。アニメを大量に録画するとなると1クールで相当な容量を使う。1話30分がおよそ4GBほど。4倍録画モードを使うとして1GBとしておくと、1TBに80作品(すべて1クールだとすると)程度録画できる。また、機器によっては録画タイトル数が999件までなどの制限がかかっている場合もある。その辺りも事前の調査が必要となる。データをとっておくとなるとブルーレイに書き出すことになるが、その作業時間とコストを払う覚悟があるならそれでも良いだろう。

PC

メリット

  • 自由度が高い。どんな機能も自分でカスタマイズできる。
  • 保存形式も自由。mp4にエンコードしてHDDにため込んだり。
  • チューナーを追加すれば全録も簡単。高スペックを要求するならPCのほうが安くなる。

デメリット

  • PCについての知識が必要。wikiを見ながら問題を解決する程度の能力は必須。
  • めんどくさい。知識があってもいろいろ設定するのが面倒。欲しい機能があっても追加するのがめんどくさくなる。そういうのが好きな人にとってはデメリットではないが、そんな人はこのページ見に来ない。

「何年もデータをとっておきたい。」「データが消えないようにちゃんとバックアップしたい。」という人の墓場。なんといってもその自由度が魅力。録画したデータをどう保存運用していくかは、そのままかエンコードするかの2択だが、それは好みが強いだろう。そのままの場合はPCスペックはさほど必要ではないがHDD容量が多く必要になる。エンコードする場合はHDD容量が少なくて済むがエンコードのためにCPUなどのPCスペックを上げなければならない。録画したデータをテレビで再生するのは、PCの映像出力をテレビにしても良いが、DLNAを利用するのが割と便利だろう。録画PCでSambaを設定すればネットワーク経由で再生できるのでテレビと接続する必要はない。テレビにDLNA機能がある場合はリモコンで操作できるので簡単。テレビにDLNA機能がなくてもChrome castを買えば数千円で済み、使い勝手も良い。

僕の構成

いろいろ言ってきた僕ですが、現在は40インチテレビ+1チューナーブルーレイレコーダー+録画PC+NASという感じになってます。

ブルーレイレコーダー

普段見ている番組はブルーレイレコーダーで録画・視聴しています。1チューナーなので2番組が被った場合は片方をPCから見ます。BDは入れておけばリモコン1つですぐ見れるというのが手軽でいいです。PCの微妙な使い勝手の悪さと、BDを見る時の動作の多さが気になっていたので、ヤフオクで1万くらいで落としました。レコーダー類は特に基本機能の変化もないので地デジ化以降のものなら特に問題もないと思います。最新機種との違いはネット配信への対応状況とUIの変化くらいでしょうか。

PC

22時~28時に放送開始のジャンルがアニメのものは全て録画するように設定しています。時折再放送などは除外設定で避けています。その日の録画が終わったらffmpegでmp4にエンコードしてNASに保存します。もともとは普段使い用のPCでしたが、今はノートPCをメインで使っているのでデスクトップはほぼ録画サーバーのような感じになってます。現在はPX-W3PE+windowsで運用しています。そのうちlinuxに移行したい。

NAS

機種はSynology DS215jです。コンパクト性を重視したのと、初のNASなのでとりあえず簡単そうなのを選びました。Quick Connect機能で、LAN内部に設置していても多少遅くはなりますがLAN外部からアクセスできます。回線無料アパートぐらしとしてはしょうがないですね。ノートPCのバックアップと兼用で、3TB×2をRAID1(ミラーリング)で運用しています。DLNAサーバー機能があるので、NAS内の録画データをテレビで見ることができます。消費電力も低いですし、PCでエンコードしていたりしていても関係がないので便利です。

以上、テレビの録画について考えている人の参考になればと思います。