オタクブログはじめました。

漫画アニメラノベの感想を書いていく。プロっぽいレビューをしたいと日々思っている。基本ネタバレはしないのでご安心ください。

2017年夏アニメ最終評価と感想

近年まれに見る充実クールだったと思います。

A

サクラダリセット

ストーリーが良く練られている。作品として文句の付け所が殆ど無い。伏線のはり方とその回収は素晴らしかった。その能力の特殊性から、理解するのが難しい部分もあるが、それほどの重みのある作品をスッキリ終わらせてくれた点が良い。印象としては少々文学的な感じで、キャラクターは癖が強いが、超能力と戦略モノが好きな人にはおすすめできる。

B

異世界食堂

料理を食べるだけの話は個人的に興味がなかったので敬遠していたが、想像以上におもしろかった。異世界とつながる設定を活かして異種族を多く登場させることでストーリーを広げる方法は結構好き。見せに来る人たちも思わぬ所でつながりがあったりして、ほのぼのとした雰囲気を楽しみながら充実したストーリーも見れるいい作品だった。

C

Re:CREATORS

設定は個人的には好き。24話の中では頑張った方だとは思うけどやはり物足りない感が否めない。まみかを退場させておいて新キャラを出してきたのは少し不満。ひかゆもキャラとしては嫌いじゃないですが。クライマックスでの熱いバトル展開は個人的には楽しめた。しかし、キャラが多い分掘り下げが浅い部分がある。真鍳の最後のシーンは、彼女自身のスタンスを崩しているように見え、個人的に納得いかないものがあった。それらのような少し違う動きをするキャラたちも踏まえてこの作品なのだろう。少し物足りない部分も視聴者自身で想像してRE:CREATEしていく、そういう楽しみ方をするのもアリなのだと思う。

はじめてのギャル

ここまで完璧に深夜アニメ感あるアニメは最近少なかったと思う。特に綿密なストーリーがあるわけでもなく、主人公とヒロインを取り巻く世界をコメディとして描くということをしっかりやりきっている。主人公の中高生的ギャグのノリがそれなりに楽しめたので良かった。個人的にはキャラがあまり好みではなかったのでその点はマイナス。

アホガール

ヒロユキらしさが出てる作品で良かったと思います。個人的にはそこまで好きなギャグでは無かったですが、悠木碧さんが騒いでいるのがおもしろかった。

恋と嘘

キャラはかわいい。設定としてはおもしろいと思っていた。政府通知の存在によって「恋と嘘」というテーマで悩む少年少女の心情がわかりやすく伝わってくる。ただ、そんな現実で生きる主人公が悩むのは当然とは言え、答えをきちんと出せていない印象を受けた。一つの作品としては消化不良感ののこるものだった。

徒然チルドレン

僕は『月が綺麗ですね』みたいな純粋なストーリーだと見れないんですけど、この作品はギャグ重視なので普通に見れました。登場人物が全員頭悪いラブコメですね。こういう話は嫌いじゃないけど好きでもないといった感じでした。

D

異世界はスマートフォンとともに。キャラクターソング vol.1(エルゼ&リンゼ)

異世界はスマートフォンとともに。キャラクターソング vol.1(エルゼ&リンゼ)