オタクブログはじめました。

漫画アニメラノベの感想を書いていく。プロっぽいレビューをしたいと日々思っている。基本ネタバレはしないのでご安心ください。

『ゆゆ式』と季節

この記事はゆゆ式 Advent Calendar 2017の18日目の記事です。

きららファンタジアやってたら遅刻しました。でも僕の前の人達もきららファンタジア楽しんでるようなのでセーフですね。 僕もリセマラで星5ゆずこを手に入れて始めました。とっておき演出で博士号が出てきたり、小ネタが多いので楽しいです。

そろそろ本題。みなさん2月に発売されたOVAはもう見ましたでしょうか?TVシリーズの海回(最終回ではない*1 )からおよそ3年半。季節は変わって秋の話となり、少し寂しげな雰囲気のあるストーリーでした。ところで、『ゆゆ式』において季節の移り変わりは、他の作品にもあるように特殊な形態をとります。

ゆゆ式』における季節の3つの形態

まんがタイムきらら

ゆゆ式』は月刊誌まんがタイムきららで連載していますが、刊行時の季節と同期させたストーリーが掲載されます。当然、そのまま進級してしまうと3年間しか連載できないので、4月が来たらまた同じ年での違う話を掲載するという形をとっています。1年生の話を2回ずつ掲載した後に進級して、現在は8週目の2年生の話となります。

単行本軸

単行本はおおよそ1年に1巻、まんがタイムきららでの刊行順でそのまままとめたものとなります。

アニメ軸

アニメ化するにあたって、視聴者に違和感を与えないように季節を連続させたストーリーとなりました。なので、漫画とは違う季節の話が挿入されるときは台詞の改変などが行われました。

アニメ『ゆゆ式』における追加

ゆゆ式』は4コマ漫画という性質上、情景描写を長尺で行うことがありません。なので読者は1コマ程度の描写や制服の夏服冬服で季節を感じ取ります。しかし、アニメにおいては4コマの制約が無く、画面も広く使えるため、季節描写が追加されている部分があります。具体的にどんなシーンがあったかをピックアップして紹介します。

第2話Bパート

1年生のころの梅雨の時期から夏への移り変わりです。梅雨の時期の紫陽花や傘を差して登校する生徒たちの描写と、真夏の光輝く太陽や夏服で登校する生徒たちの描写が追加されています。

第3話Bパート

唯ちゃんの家から帰るときに缶ジュースを買ってはしゃぐ二人のシーンが追加されています。夏の夕方を思わせる少し寂しげな背景をしています。ここから、縁ちゃんが旅行に行ってしまって一人で帰るゆずこのシーンにもつながります。 f:id:kugelblitz:20171219014423j:plain

第7話Bパート

中盤に廊下から雪を眺めるシーンが追加されています。f:id:kugelblitz:20171219015328j:plain

第11話Bパート

最後のシーンで雨から晴れるシーンが追加されています。梅雨が終わり、夏の訪れを感じさせるシーンです。

OVA

OVAでは秋の話となり、Aパートで秋空を眺めてゆずこが「秋ですな〜」というシーンが追加されています。また、唯ちゃんの家から出て秋の寒さを感じるシーンが追加されています。唯ちゃんが高校生活も折り返したということを想う印象的なシーンです。

まとめ

上で紹介した以外にも細かいセリフの追加や、背景描写の追加などはたくさんあります。ぜひ次にアニメを見るときは少し気にして見てみてください。原作を読むときも巻数通りではなく、同じ季節の話を同時に読むようにするとおもしろいかもしれません。