オタクブログはじめました。

漫画アニメラノベの感想を書いていく。注意書きがない場合はネタバレ無しです。

2021年秋アニメ第1話評価と感想

S:殿堂入り A+:超良作 A:良作 B:良さげ C:普通 D:微妙。目安としては、S:年1本 A+:クール1本 A:クール3〜5本 B:クール5~10本程度 C:その他 D:クール1~3本 みたいな感じですかね。

見た順に追加していきます。一応同じランク付けでも上に書いてある方が評価高いです。ロボものと戦記ものと男ばっかの作品は好みじゃないのであまり見ません。続きものはとりあえず感想なしで。

A

サクガン

最初は『グレンラガン』かな?とも思ってたけど、ストーリーのまとまりが良くていい意味で裏切られた。作品の全体的なクオリティが高い。正直ストーリーはまだまだ評価しきれないところだけど、展開や演出はそれでも続きを見させる力がある。この親子愛と好奇心の進む先を見届けたい。

SELECTION PROJECT

動画工房だけあってクオリティは最高レベル。声優も新人が多いけど悪くないし、歌唱力重視のメンバーな感じもあるから曲にも期待できる。ストーリーもあんまりギャグっぽい感じではなくてガチ寄りの雰囲気だし、好みの予感がしてる。とりあえず今期で一番先が楽しみな作品。

ブルーピリオド

ストーリーはすごいおもしろい。こういう才能で殴り合う系の話はやっぱり好み。アニメも悪くないんだけど、個人的には漫画を読んでほしいと思う。アニメ以降のストーリーの伸びもすごいし。

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

トラックメソッドが流行した今、転生前にここまで濃いストーリーを用意してるのは珍しい。それによって、転生後のハイライトは多少あったけど、転生前の話をやってるだけでも普通におもしろく見れた。まあ今後のストーリーにそこまで期待できるかと言われると微妙だけど、クオリティは良いしキャラもかわいいので楽しめるとは思う。

B

最果てのパラディン

異世界転生ものだけどとりあえず雰囲気良さそう。第1話はプロローグって感じだったからここから俺TUEEEになっていくのかもしれないけど、アニメとしてのクオリティは高いし期待できる。

見える子ちゃん

万人に勧める内容でもないのでBにいるけど、クオリティは高い。漫画も多少読んではいるけど、アニメだと音声とかホラー演出も加わって雰囲気出てて良い。個人的にはホラーは別に好きじゃないけど、これはギャグっぽい要素も結構あるのでとりあえず楽しめそう。キャラもかわいいし。

プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

熱血ホッケーアニメかと思ったら歌いだしてびっくりしました。知らなかったけどソシャゲ(事前登録受付中)アニメだったんですね。キャラからそこはかとなく『ラブライブ』みを感じるのはそういうことでしょうか。悔しいけどキャラは悪くないし普通に見れる作品だと思います。

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

追放もの初アニメ化かな?コミカライズを読んだので話はある程度わかるけど、後半は甘〜い新婚生活を見せられ続けるのでそういうのに耐えられる人には良いと思います。アニメのクオリティは良いので。あとヤンデレ妹も良い。やっぱりヤンデレは妹に限る。

C

takt op.Destiny

雰囲気オサレアニメ。今後のストーリーがどうなるかまだ読めてないけど、映像は楽しめるのでとりあえず見てみてもいいかもしれない。

逆転世界ノ電池少女

まあロボものなので好みではないですが、制作陣がちゃんとしてるだけあっておもしろそうではある。いわゆる王道ロボものなので、そういうのが好みの人には良いと思います。

月とライカと吸血姫

原作は1巻だけ読んだことがある。ストーリーとしては悪くない。けど『86』と同じクールにやってると雰囲気同じだしちょっと物足りない感じがある。こういう悲劇系のストーリーは大きく外れることもないので、嫌いじゃなければ見てみると良いと思う。個人的には原作のかれい先生のイラストからヒロインの印象が結構変わってるのでちょっと萎えてる。

かぎなど

特にkey作品見てるわけでもないのでよくわからないけど、key好きなひとには普通にいい作品だと思います。中身は意味わからんけど。

180秒で君の耳を幸せにできるか?

個人的にはASMRが好きじゃないので微妙だけど、世の中的にはASMRが人気らしいし好きな人には良いんじゃないでしょうか。もう同人音声でいいじゃんとは思ってます。

シキザクラ

フル3DCGアニメだけどセルルックが上手くてあまり違和感なく見れるのがすごい。その分ロボのバトルシーンが映えるのは良い。

でーじミーツガール

ギャグアニメでもないのに2分アニメじゃ1クールやられてもストーリーとか無いようなもんだしどうなんだろうとは思う。雰囲気は良さげなのでもう少し見るだけ見てみてもいいかなという感じ。

大正オトメ御伽話

作品としては全然悪くないが、好みではなかった。時代背景的にそういうものなのかもしれないけど、リアル調のストーリーなのに異常に都合の良いヒロインがあまり受け入れられなかった。余計なことは考えないでロリにバブみを求める人には良いと思います。

吸血鬼すぐ死ぬ

あまり好みじゃないギャグアニメ。作品としては普通なので合う人には良いと思います。

MUTEKING THE Dancing HERO

いつものタツノコプロのやつ。アニメとしてはいい感じだけど、ストーリーはやっぱり特撮寄りなので好みではないですね。

ビルディバイド -#000000-

トレーディングカード販促アニメ。キャラはわるくなさげだけど、まあいきなり知らんカードバトル始まってもおもしろくは無いですよね。

終末のワルキューレ

大体が「いや、そうはならんやろ」って感じのバトルアニメ。作品としては悪くないんだと思いますが、まあ僕の好みではないですね。

D

闘神機ジーズフレーム

中国アニメでロボもの。今までずっと陰陽道ものとかバトルものとかやってたけど、こういうのもやるようになったかという感じ。ストーリー自体はよくわからないけど、アニメとしてのクオリティは日本でも普通にありそうなレベルに来てる。

キミとフィットボクシング

『あにトレ』っぽいことをするのかと思ったら普通にゲームシナリオのイントロを見せられただけだった。来週以降はやるのかもしれないけど。本当にゲームそのままって感じの3Dアニメだったし、シナリオも別に期待してないので声優くらいしか見る目的無い。それだったらいっそアニメ見るよりゲームやったほうが良いんじゃないかと思ってしまう(任天堂の戦略に嵌る)。

進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

最近のなろうの極みみたいなストーリー、キャラ、設定。一周回ってギャグとしておもしろいかもしれない。

テスラノート

今期の『エクスアーム』枠。受け継がれし2Dと3Dの融合。てっきり同じ制作会社かと思ったら違うらしい。まあ入口は別でも中国の製作所で同じところに行き着いてる説もあるけど。そもそも企画段階からしてよくわからない。人気もないのに(週刊少年マガジン連載からマガポケに移籍した)連載十数週でアニメ化発表してるし大人の事情がありそう。ヒロインの表情は結構ちゃんと描かれてて時折かわいいし、時々シュールなシーンが出てきて笑えるので、『エクスアーム』よりはマシだしソムリエには好評かもしれない。

宣伝

comic.webnewtype.com 「治安の悪い場所の料理は美味い」という異色の理論を提唱するグルメ漫画。作者が世界各地で実際に遭遇したご当地メニューだけあって、他の人には絶対描けないような内容と解像度。そして、長年に渡る二次元の過剰摂取で壊れてしまった脳によって、おっさんが美少女に変換されるというぶっ飛び設定。グルメ漫画としても充分成立するのに、グルメの周りのストーリーがおもしろくて引き込まれる。日本では物理的に食べられないようなメニューも登場したりしてもどかしい気持ちをみなさんにも体験してもらいたい。

2021年夏アニメ最終評価と感想

S:殿堂入り A+:超良作 A:良作 B:良さげ C:普通 D:微妙。目安としては、S:年1本 A+:クール1本 A:クール3〜5本 B:クール5~10本程度 C:その他 D:クール1~3本 みたいな感じですかね。

見た順に追加していきます。一応同じランク付けでも上に書いてある方が評価高いです。ロボものと戦記ものと男ばっかの作品は好みじゃないのであまり見ません。続きものはとりあえず感想なしで。

ワクチン休みとかで暇な時間多かったんで『ひぐらし』を全部見ました。太古の記憶で無印は見てた覚えがあるんだけど、解の記憶が無かったので見てみたけどやっぱり初見だったね。普通におもしろくて一気観しちゃった。業卒はさすがに沙都子に焦点当てすぎて飽きてくる感がある。最後には大怪獣バトル始まるし。

S

かげきしょうじょ!!

これはSで問題ないでしょう。最初こそさらさは好きじゃなかったけど、今ではそんなに悪くないんじゃないかと思うくらいにはなってる。序盤のさらさと奈良っちっていう明らかに個性的な二人のストーリーも、さらさのカリスマ性が伝わってきて悪くはないんだけど、やっぱり後半の伸びがすごかったと思う。二人よりは普通っぽいキャラが普通に悩みを抱えつつも成長していくストーリーのほうが個人的には刺さった。こういう夢と希望と才能に溢れた作品はやっぱり好み。アニメとしても全体的によくまとまってたし、各話ちゃんと盛り上げる部分を持ってきてたり、エンディングとか挿入歌も上手く使われてて完成度の高い作品という印象。

A

ぼくたちのリメイク

『リゼロ』以来あまりホットなコンテンツが出てきてないMF文庫Jがプッシュしてる作品だけあって、アニメのクオリティが高い。わりと主人公の好みは分かれそうだなという気はするけど、ヒロインは良いし基本的なストーリーもおもしろいと思う。アニメはここで終わりかっていう消化不良感は多少あるけどそれはしょうがないね。

C

精霊幻想記

アニメのクオリティーとしては良いと言えるものではなかった。バトルシーンも適当だったし。でもリソース割り振りはちゃんとできてるっぽくて、セリア先生関連のシーンは作画5倍くらい良くなってるのとかはgood。たぶん作監はセリア先生推し。ストーリーは俺の好みど真ん中でラノベ全部読んじゃいました。昔のMF文庫っぽい雰囲気なので、最近そういう作品に飢えてる人も多そうだし、古のラノベオタクは見ましょう。

出会って5秒でバトル

原作読んでて大体の話の流れはわかってたけど、普通にバトルアニメとしてちゃんとしてたので楽しんで見れた。異能ものとしては主人公もまともだしストーリーも悪くないのでそういう系好きな人には充分おすすめできる。

迷宮ブラックカンパニー

ブラック労働してる場面とかは普通に見たくなかったけど、後半普通にギャグアニメになっていったので結構おもしろかった。リムかわいいし。こういう全力で遊ぶ感じのギャグアニメはなんだかんだで安心して見れるので良い。

魔法科高校の優等生

さすおに舞台裏としては悪くないかなあと思ってたけど、無頭竜さんを消滅させるお兄様を見たときに、やっぱり本編見たほうがおもしろいんじゃね?と思い直しました。他校女子もモブ並の扱いだったのに最終回で急に出しゃばってきて無理があった。まあ一応お兄様のハイライトシーンはちゃんと流してくれるので、「うんうんこの裏でお兄様は不可能を可能にしてたな」みたいな感じで見てて楽しんではいた。

宣伝

絶対可憐チルドレン』が完結しましたよ。アニメ放送から漫画も読み始めて人生の半分以上読んできた漫画ですからさすがに感慨深いものがありますね。最終回も古生代オタクの俺たちの求めていた全員集合大団円だったし満足。63巻までいってて長いけど、多少の思い出がある人は完結を見届けてあげてもいいんじゃないでしょうか。

2021年1月から3月あたりで読んだもの感想

これからは定期的に1クールごとに書いていきたい。

ざっくりおすすめ順。

漫画

葬送のフリーレン

勇者パーティーが魔王を倒したハッピーエンドからスタートするアフターストーリー。

勇者パーティーの魔法使いフリーレンが、長命の種族であるがゆえに勇者たちを葬送し、彼らとの思い出を振り返りつつ旅を続けるストーリー。個人的に漫画の最終話の後日譚みたいな話が好きなんだけど、これはそれをずっと続けてくれる好みドンピシャの作品。ファンタジー世界の話だけあってキャラも濃いし、そんなキャラが生み出すギャグもおもしろい。

チェンソーマン

漫画星人藤本タツキ先生が描くダークヒーローアクション。

昔から知ってはいたけど、第1話の殺伐とした雰囲気が好みじゃなくてそれ以降読んでなかった。完結というから読んでみたけど、期待の百万倍おもしろかった。ネタバレになるのでストーリーの中身には触れないけれど、細かい設定にシビれるところもあるし、何より漫画としての描写が上手すぎる。ここでは語り尽くせないのでとりあえず読んでみてとだけ。

死役所

この世とあの世の境界にある死役所。すべての死者が訪れ、自身の死因を申請して成仏していく。

死後の世界からその一生を振り返るというストーリー。基本的には死役所内での案内人との会話描写がメインだが、一人ひとりの人生はやっぱり千差万別でおもしろい。キャラクターの人生を描くことで、現代の社会問題も浮き彫りにしていく。シンプルながらよく考えられた、奥が深い作品。

HGに恋するふたり

ガンプラ好きを爆発させるOLとJKの日常コメディ。

HGとはガンプラでのハイグレードのこと。工藤マコト先生の『不器用な先輩。』でも描いているような、素直になれないOLが良い。趣味に情熱を注ぐ系の作品は個人的にとても好みなのでガンダム全くわからないけど楽しんでる。

呪術廻戦

呪術バトル系王道ジャンプ漫画。

まあ興味ある人は読んでるだろうから特に解説もしないけど、躊躇なくキャラを殺していくのが最近のジャンプでは受けるんですかね。流行ってるだけあっておもしろいとは思うけど。

すべての人類を破壊する。それらは再生できない。

マジック・ザ・ギャザリングが大流行の20世紀末の少年少女の青春を描く。

ジャンルはぜんぜん違うけど、作品全体の雰囲気としては『ハイスコアガール』と同じ。舞台は20世紀末で、マジック・ザ・ギャザリングを通して生まれる青春ラブコメマジック・ザ・ギャザリングのネタが結構はいっているので、知ってれば当然楽しめるのだろうけれど、知らなくても全然楽しめる。本質としては『ハイスコアガール』と同じようにラブコメなので気にならない。

ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。

なろう系コミカライズガチャUR。

ストーリーについてはタイトル通りで、帰ってきたら英雄で最強で俺TUEEE。現状そんなにラブコメ色は出してないけど、キャラはかわいい。画力が高いのはもちろんだけど、原作にない主人公の過去編という重要なエピソードをオリジナルで作って原作者からOKもらえるレベルで漫画も描けるほどの実力がある。なろう系のストーリーが好きなら確実に満足できるクオリティの作品。

ミステリと言う勿れ

真実は人の数だけあるが、事実は一つ。予想外のところから事実がやってくる新感覚ミステリー。

事件に巻き込まれて、証拠を調べて解決するというよりは、関係者との対話を通して各人の真実を聞きつつ、それを満たす事実を導き出す。ちょっとぬけた感じの主人公がコミカルな会話をはさみつつ核心を突いていくのがテンポもいいし見てて飽きない。

コーヒームーン

昨日と同じ誕生日の朝。そんなピエタのいつもどおりの日常が、コーヒーに映る月のように揺らぎ始める。

時間繰り返しもの。なんでも無いはずの日常の裏にサスペンスな世界が展開されている。同じ日の繰り返しだから毎日雨が降って薄暗かったり、そういう舞台装置の描写が良い。日常が何かに侵食されていく雰囲気が、読んでておもしろい作品。

僕の心のヤバイやつ

カースト上位だけど陽キャ?な山田とひとりずもうを繰り返す陰キャな京太郎の、こっちがもどかしくなるようなラブコメ

前々から知ってて、1話を読んだ感じあんまり好みじゃないかなと思ってたけど、社長からおすすめされて、話題にもなってるので読んでみた。結果、最初は山田がマジでヤバイやつだと思ってたけど、ストーリー進んでいくと普通に女の子っぽい感じになっていくし、ラブコメ展開繰り広げてくるので普通におもしろかった。『みつどもえ』の桜井のりお先生なのでギャグは相変わらず結構ぶっ飛んでる。でも話題になってるほどあんまり刺さらないのは、俺が男子校出身で青春というものが存在しなかったからだろうか。

リボーンの棋士

奨励会の主人公がまたプロ棋士を目指すアツい将棋漫画。

奨励会には年齢制限があって、プロ棋士になれなかった人は退会させられる。でもプロ棋士になるにはとても狭い門にはなるが、編入試験という道がまだ残されている。この作品の主人公も奨励会を年齢制限で退会したけれど、どうしても将棋が頭から離れないというタイプ。そんな主人公の底抜けに前向きな性格がすごい魅力。そしてもうひとり登場する元奨励会の同期が、主人公よりは現実主義で卑屈な雰囲気を出しているけれど、そのタッグがまたいい味出してる。

東京卍リベンジャーズ

ただの不良漫画じゃない。冴えない主人公が時を超えて運命を変えるストーリー。

最初は本当にただの不良漫画だと思って敬遠してたけど、アニメ化と聞いて読んでみたらタイムスリップ系の話でびっくりした。ストーリーも冴えない主人公が諦めない精神で仲間と運命を変えていく王道で普通におもしろい。

初恋ゾンビ

男の脳内に存在する、初恋の女の子の幻想(初恋ゾンビ)が見えてしまうタロウと、タロウの初恋ゾンビであるイヴが繰り広げるラブコメ

『少年のアビス』の峰浪りょう先生の過去作。『少年のアビス』みたいな殺伐と雰囲気とは全然違い、少年サンデーらしいポップな雰囲気のラブコメ。でも自分のうちに秘めた願望と向き合うという点では似てるかもしれない。今回の中身としては、初恋ゾンビが見えるというキャラがもうひとり出てきて、その3人の関係性がすごく完成されてていいと思う。展開も間延びした感じもないし、よくまとまってて軽く読める作品。

メテオノーツ

少女たちによるゆるくてハードな宇宙ステーション生活!

キャラ自体は少女たちで雰囲気ゆるそうだけど、実際の描写はかなりリアルに忠実で、その分ハードな生活が見れる。宇宙と女の子が好きな僕の大好物です。

シャドーハウス

顔のない一族「シャドー」と、それに仕える「生き人形」の少し奇妙なダーク日常サスペンスミステリー?

未読の人にはあまりネタバレしたくないのだけれど、とりあえず第1巻としての構成が上手い。徐々に明かされる世界観から漂ってくる雰囲気が考察を捗らせる。最新話あたりではシャドーの本質に関わる設定が色々と明かされてきて、今後が気になるところ。

可愛そうにね、元気くん

好きな女の子を漫画の中で可愛そうな目に合わせるのが趣味の主人公。

主人公もヤバいなと思ってたら、周りの方がやばくて大性癖バトル始まった。最近完結したけど、歪んで歪めて歪められた関係の行く先もまあ悪くはなかったと思う。そんな高校生活の青春の一部としては。

アンデッドアンラック

不死と不幸タッグの王道バトルモノ。

ジャンプのバトルモノだけあって、設定もいい感じだし悪くはない。ただ、主人公の技とかにかっこよさが足りないかなと心の中の小学生が言っている。『呪術廻戦』とか『チェンソーマン』に比べるとちょっと物足りなさがある。

悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~

悪役令嬢ものではあるが、なろう的俺TUEEEも混じったハイブリッドストーリー。

無表情キャラの黒髪ロングヒロインが良い。闇魔法を使えるヒロインがうっかりレベル99になっちゃって、魔王かと疑われたりするコメディ感がおもしろい。

16bitセンセーション

1992年、エロゲメーカーでアルバイトを始めた主人公。当時の業界事情てんこ盛り同人漫画の商業版。

正直16bit時代の話は全くわからんけど、若木民喜先生の漫画を通してその時代の生き証人から当時のゲーム世界を学べるのはおもしろい。『ときメモ』とかさすがの俺でも知ってるタイトルも出てくるし。

あやかしトライアングル

矢吹神によるTS妖怪退治モノ。

個人的にはTSは好みじゃないので微妙だけど、相変わらずイラストは良い。ストーリーも可もなく不可もなくって感じだし、『ToLOVEる』みたいにもっとコメディよりにしたほうが良いんじゃないかなと少し思ってる。

声がだせない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている

失語症で喋れない少女と、心が読める超能力者の少女の話。

優しい世界。喋れない分、心のなかでは色々考えてて、他人のことを絶対に悪く思わない真っ直ぐさが尊い。心が読める方は見た目ヤンキーっぽいけど根は優しいというギャップも良い。

そのへんのアクタ

エイリアンの襲来が日常となってしまった時代、英雄と呼ばれた男も左遷されてしまい、自分の存在意義を探していく。

『うたかたダイアログ』の稲井カオル先生の作品。『うたかたダイアログ』が好きだったから読んでみたけど、男キャラがぶっ飛んでる分、今回は少し微妙かなという感じ。雰囲気は変わらずすれ違い系ギャグだけど、今回は主人公の人間的成長をテーマにしてる。

現実もたまには嘘をつく

男とオフ会だと思ってたら女だった。そんな甘々ラブコメ

自分はネカマしてて、男とオフ会かと思ってたら相手も女だった。そこからさらに仲良くなって‥‥。みたいな話。キャラはかわいくていいと思うけど、中身がベタ過ぎて逆に好みが分かれるかもしれない。