オタクブログはじめました。

漫画アニメラノベの感想を書いていく。プロっぽいレビューをしたいと日々思っている。基本ネタバレはしないのでご安心ください。

最強のアニメ録画&視聴環境を考える

2018/01/28 最近の状況も踏まえて全体的に書き直しました

アニメの視聴、保存について考える上で調べたことをまとめています。アニメの録画には、特殊な要求(データを何年も保存したい・番組編成が変則的)があることが多いので、そういったことを前提に考えていきます。

テレビ付属機能

基本的に最低限の機能なので、快適ではなくとも、とりあえず録画して見れればいいという人向けです。

メリット

  • 安い
    テレビの買い替えを検討している場合は、録画機能付きのテレビと外付けHDDを買うだけで済みます。

デメリット

  • 機能が少ない
    そのメーカーの出しているブルーレイディスクレコーダーと比べると当然機能が少なくなっています。レスポンスが遅かったり、UIが別物になっていることも多いです。最近では、エントリーモデルで録画機能を充実させたものも登場してきているので、調べてみると良いでしょう。
  • 番組名録画に対応していない
    番組名録画に対応していないと、大きく時間がずれることが多いキー局のアニメは、追従しきれずに録画失敗することがあります。
  • 1番組録画だけ
    基本的に2番組同時録画はできません。裏番組録画(録画中でも他の局の番組がリアルタイムで見れる)には対応しているものが多いので、それで十分な人には問題ではないでしょう。
  • ブルーレイ/DVDが見られない
    この時代のオタクにはブルーレイ再生環境は必須でしょう。PCで再生できるならなんとかなるでしょうが、ブルーレイディスクプレイヤーを買うくらいだったら中古のブルーレイディスクレコーダーを買うほうが良いと思います。
  • データの大量保存ができない
    ブルーレイなどにデータを焼くことができないので、容量がいっぱいになったら消すしかありません。HDDの登録台数も制限があるので、HDDを大量に用意して録画していくこともできません。

ブルーレイディスクレコーダー

大多数の人はブルーレイレコーダーを買っておけば満足できると思います。そもそもそういう製品です。値段に見合う機能はあると思います。買う場合はテレビとメーカーを揃えると便利です。

メリット

  • 手軽
    特別な知識もいらず、繋げば終わりです。
  • 充実の機能
    追っかけ再生、番組名録画や自動チャプター機能があるのは便利です。
  • 自動圧縮機能
    PCでやろうとすると結構面倒な圧縮をリアルタイムで自動で行ってくれます。

デメリット

  • コピーガードがある
    録画データをブルーレイやHDDに移したとしても、PCを使ってコピーしたり、編集したりはできません。
  • メーカーによる制約が大きい
    外付けHDDに録画をしたとしても、他機種では再生できないこともあります。なのでバックアップするなら基本的にブルーレイディスクに移すことになります。
  • 大量録画には向かない
    外付けHDDの登録台数に制限がある事が多いので、基本的にはブルーレイディスクに焼いて保存することになります。ブルーレイディスクに焼こうとしても、録画中はできなかったりと、不便なことも多いです。そういったコストや手間との相談が必要です。

PC

録画データを編集(OP抜き出しなど)したい人はPC録画するしかありません。再生環境としては、DLNAでの再生機能を持つテレビを用意して録画PCからネットワーク経由で再生するのがおすすめです。DLNA対応のテレビがなくても、Chormecastを使えば、スマホからの操作になりますが、実現できます。

自由度の高い録画を行うためにはTS抜きチューナーを使用する必要があります。PT3が生産終了し、価格が高騰しているので、現状PLEX社のPX-W3PE4などしか選択肢がない状態です。

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

PLEX 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE4

メリット

  • 自由度が高い
    やろうと思えばなんでもできます。
  • 保存形式も自由
    mp4に圧縮してHDDに保存しまくったりもできます。
  • 高機能を実現できる
    全番組録画もやろうと思えばできます。

デメリット

  • PCの自作が必要
    自分でチューナーを差してセットアップしないといけません。
  • PCについての知識が必要
    wikiやネットの海の情報を見ながら問題を解決する程度の能力は必須になります。
  • めんどくさい
    知識があってもいろいろ設定してメンテナンスするのは面倒です。
  • トラブルが多い
    TOKYOMXなど、マルチチャンネル放送をしていたりすると録画失敗することも多いです。エンコードする場合も、音声の処理などが複雑なことが多いです。
  • 操作が不便
    ブルーレイレコーダーのように専用のリモコンがあるわけではないので、再生時には少し手間がかかります。

僕の構成

いろいろ言ってきた僕ですが、現在は40インチテレビ+1チューナーブルーレイレコーダー+録画PC+NASという感じになってます。少し前に録画PCがお亡くなりになってからは、ブルーレイレコーダーしか使ってません。というのも、最近はネット配信が充実してきて、わざわざ自分で手間を掛けてまで録画データを保存しなくてもいいかなと思うようになったからです。dアニメストアなら月額400円で結構な量のライナップのアニメを見れるので、それで十分だと思ってます。ネット配信万歳。