オタクブログはじめました。

漫画アニメラノベの感想を書いていく。プロっぽいレビューをしたいと日々思っている。基本ネタバレはしないのでご安心ください。

2017年秋アニメ最終評価と感想

見た順に追加していきます。A:超良作 B:良作 C:普通 D:微妙。一応同じランク付けでも上に書いてある方が評価高いです。最終話を見たら感想追加していきます。

S

少女終末旅行

A

ボールルームへようこそ

血界戦線 & BEYOND

B

UQ HOLDER!魔法先生ネギま!2~

魔法先生ネギま!2という副タイトルがついてる時点でネギま!の続編としてやるんだなとはわかってましたが、最終回のUQ HOLDER成分はどこにあったのでしょうか。全体的に見てもUQ HOLDER!のアニメとしては正直微妙でした。ネギま!UQの両原作読者向けです。ネギま!好きとしては満足できる出来だったので良かったです。ネギま!は昔からTVアニメもOVAもああいう風だったので、その流れを踏襲したアニメでした。

妹さえいればいい。

C

宝石の国

D

少女終末旅行 公式アンソロジーコミック (MFC)

少女終末旅行 公式アンソロジーコミック (MFC)

『ゆゆ式』と季節

この記事はゆゆ式 Advent Calendar 2017の18日目の記事です。

きららファンタジアやってたら遅刻しました。でも僕の前の人達もきららファンタジア楽しんでるようなのでセーフですね。 僕もリセマラで星5ゆずこを手に入れて始めました。とっておき演出で博士号が出てきたり、小ネタが多いので楽しいです。

そろそろ本題。みなさん2月に発売されたOVAはもう見ましたでしょうか?TVシリーズの海回(最終回ではない*1 )からおよそ3年半。季節は変わって秋の話となり、少し寂しげな雰囲気のあるストーリーでした。ところで、『ゆゆ式』において季節の移り変わりは、他の作品にもあるように特殊な形態をとります。

ゆゆ式』における季節の3つの形態

まんがタイムきらら

ゆゆ式』は月刊誌まんがタイムきららで連載していますが、刊行時の季節と同期させたストーリーが掲載されます。当然、そのまま進級してしまうと3年間しか連載できないので、4月が来たらまた同じ年での違う話を掲載するという形をとっています。1年生の話を2回ずつ掲載した後に進級して、現在は8週目の2年生の話となります。

単行本軸

単行本はおおよそ1年に1巻、まんがタイムきららでの刊行順でそのまままとめたものとなります。

アニメ軸

アニメ化するにあたって、視聴者に違和感を与えないように季節を連続させたストーリーとなりました。なので、漫画とは違う季節の話が挿入されるときは台詞の改変などが行われました。

アニメ『ゆゆ式』における追加

ゆゆ式』は4コマ漫画という性質上、情景描写を長尺で行うことがありません。なので読者は1コマ程度の描写や制服の夏服冬服で季節を感じ取ります。しかし、アニメにおいては4コマの制約が無く、画面も広く使えるため、季節描写が追加されている部分があります。具体的にどんなシーンがあったかをピックアップして紹介します。

第2話Bパート

1年生のころの梅雨の時期から夏への移り変わりです。梅雨の時期の紫陽花や傘を差して登校する生徒たちの描写と、真夏の光輝く太陽や夏服で登校する生徒たちの描写が追加されています。

第3話Bパート

唯ちゃんの家から帰るときに缶ジュースを買ってはしゃぐ二人のシーンが追加されています。夏の夕方を思わせる少し寂しげな背景をしています。ここから、縁ちゃんが旅行に行ってしまって一人で帰るゆずこのシーンにもつながります。 f:id:kugelblitz:20171219014423j:plain

第7話Bパート

中盤に廊下から雪を眺めるシーンが追加されています。f:id:kugelblitz:20171219015328j:plain

第11話Bパート

最後のシーンで雨から晴れるシーンが追加されています。梅雨が終わり、夏の訪れを感じさせるシーンです。

OVA

OVAでは秋の話となり、Aパートで秋空を眺めてゆずこが「秋ですな〜」というシーンが追加されています。また、唯ちゃんの家から出て秋の寒さを感じるシーンが追加されています。唯ちゃんが高校生活も折り返したということを想う印象的なシーンです。

まとめ

上で紹介した以外にも細かいセリフの追加や、背景描写の追加などはたくさんあります。ぜひ次にアニメを見るときは少し気にして見てみてください。原作を読むときも巻数通りではなく、同じ季節の話を同時に読むようにするとおもしろいかもしれません。

2017年秋アニメ第1話評価と感想

見た順に追加していきます。A:超良作 B:良作 C:普通 D:微妙。一応同じランク付けでも上に書いてある方が評価高いです。

A

血界戦線 & BEYOND

相変わらず最高です。世界観のカオスっぷりとその中でも際立つキャラたち、そして毎回新鮮さを与えてくれる設定が最高。第1話としても十分おもしろいです。第1期を見てない人はぜひ追いついてリアルタイムで楽しんでほしいです。

いぬやしき

フルCGでつくるのにピッタリの作品ですね。この作品の一番のポイントである兵器がとてもリアルに描かれているのは良かった。演出もよく、飽きない画作りができていて、見てて引き込まれる。

クジラの子らは砂上に歌う

第1話としては最高の出来だったと思います。世界観の作り込みは微妙かなと思うところもありますが、ボーイミーツガールの出だしとしては良いストーリーでした。今後の展開に期待できそうです。

B

UQ HOLDER!魔法先生ネギま!2~

基本ストーリーとしては『魔法先生ネギま!』は全く関わってこないですが、『魔法先生ネギま!』の内容を最終回まで知らない人には厳しいストーリー展開になります。といっても3-Aのメンバーが出てくるのはあと20話くらい先になるので、そちらを期待している人はそこまでがんばってください。このまま毎話ハピマテを聞いていたらそのうち心停止しそうですが僕も頑張ります。

少女終末旅行

終末っぽい世界で、ゆるいキャラたちが、コミカルな旅をしているのは見てておもしろい。裏で壮大な設定がありそうなのも考えながら見ると楽しいですね。

妹さえいればいい。

第1話としてよくまとまっていた。金元寿子さんのセリフが強すぎてキャラバランスが崩れたような印象を受けたが、今後はもう少し落ち着くでしょう。『はがない』の平坂読さんなのでラノベも読んでますが、アニメにも期待してます。

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

なんだかんだいって小説もアニメも見たことないので初めて見るキノ旅です。アニメとしてのクオリティも高いし、ストーリーも見やすくてよかった。第1話としては話がシンプルすぎて退屈かなと思ったので、今後もっと濃い話にしていけば楽しめると思います。

魔法使いの嫁

魔法使いがかっこよさげなのが良いです。ヒロインがワタワタしてるのもおもったより良い感じです。アニメとしてのクオリティも高いですし、今後のストーリーが良ければ結構な良作になると思います。

C

つうかあ

男キャラを必要以上に移さないようにしているのは好印象。まだレースを1回見ただけなので、他のキャラたちをどう掘り下げていくかで評価が別れるところ。

干物妹!うまるちゃんR

今まで通りで良いですね。個人的には延々とダラダラした生活をしていてほしいんですが、TSFさんも嫌いじゃないので良しとします。

食戟のソーマ 餐ノ皿

えりなが金元さんになって多少イメージが変わってしまいましたが、内容としては今まで通りおもしろくやってくれそうです。今期も飯テロに注意する必要がありそうです。

アイドルマスター SideM

第1話はまだまだ出だしでわからない感じですね。男性アイドルモノはあんまり好みじゃないんですが、昔のアイマスっぽさが出てて良いです。期待してます。

十二大戦

設定としてはおもしろそう。作画がいいのでバトルモノとしても十分楽しめそうです。第1話から良い構成だった。このまま2話3話と盛り上げてくれれば良作になるでしょう。

宝石の国

アニメとしてはよくできていると思います。中身が詩的すぎて僕には理解が及ばない部分がありそうです。

おそ松さん(第2期)

相変わらずのカオス。第1期よりは控えめですね。そのままのノリでやってくれるだろうしとくに心配もなく見れそうです。

アニメガタリズ

まだまだわかりませんが、雰囲気はいい感じだと思います。あんまり寒い話をやり続けられると嫌ですが、今後も見守っていこうかなという感じです。

ネト充のススメ

ストーリーがまだまだ出だしなのでわかりませんが、今後おもしろい展開に転がりそうな気配があまりなさそうです。喪女の恋愛ストーリーが好きな人には良いかもしれません。

D

Just Because!

青春っぽさがすごいですね。転校生と廃部になりそうな部活、再会とまあテンプレ通りです。第1話の動きとしては結構ゆっくりでした。この調子で12話続くと少し退屈感が強くなりそうです。

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

今期の悠木碧枠。個人的には意味わからないことを言い続けるヒロインが好みに合わなかった。

ブレンド・S

キャラの見た目の可愛さ以外に特筆する要素はないですね。キャラがワチャワチャしているだけでおもしろさは少ないです。アニメとしてはよくできているので好きな人は好きだと思います。

怪獣娘ウルトラ怪獣擬人化計画

世代的にはジャストだが、記憶の彼方すぎて何もわからなかった。キャラがそこまでいいわけでもなく、中身もそんなにおもしろいものではなかった。第1話だけではわからない要素も多そうなので、今後も見守っていく。

Code:Realize ~創世の姫君~

話が見えないですね。第1話ではまだまだわからない感じでしょうが、あまりおもしろさも感じなかったので微妙といったところ。

このはな綺譚

かわいいキャラを愛でるだけのアニメ。中身はとくに言うほどの何かはなかった。

URAHARA

カオスすぎて意味がわからない。こういう雰囲気が好きな人はいいのかもしれない。

Dies irae

ストーリーが見えない。原作を知らないとキツいアニメですね。いいキャラもいなさそうですし、初見で見るものではないでしょう。

お酒は夫婦になってから

個人的にキャラが好きじゃないタイプだった。お酒がテーマらしいが、そこまで深く掘り下げるわけでもない。雰囲気アニメ。

王様ゲーム The Animation

よくあるデスゲーム系。とくにおもしろい要素もない。登場人物も全員頭悪そうなので期待出来なさそうです。

GLAMOROUS HEROES

棒読み声優多すぎ。意味分からない展開に全く説明無し。お遊戯会ですかね。